お知らせ

瑞泉寺本堂で百物語の館!


京都精華大学の怪談研究で有名な堤邦彦先生が
7月8日に淡交社より刊行された『京都怪談巡礼』。
京都の知られざる魔所・怪談を収集した
アカデミックでポップな京都怪談ガイドブックですが、
瑞泉寺と秀次公御一族のことも取材していただいております。

この出版記念として、
堤先生率いる怪談文芸研究・朗読集団『百物語の館』が
瑞泉寺本堂にて怪談会を開催いたします。
ゲストは、幻想文学アンソロジストの東雅夫さん。
東雅夫さん曰く「怪談とは慰霊と鎮魂の芸能」です。
会場となる瑞泉寺本堂は、400年前に
秀次公御一族が無実の罪で処刑された場所だと伝わります。
その場所での怪談会。慰霊と鎮魂のために行いたいと思います。

●怪談の朗読(百物語の館)
●怪談トーク(堤邦彦、東雅夫、中川学:瑞泉寺住職)
●読経(瑞泉寺住職)

蒸し暑い京の夜、怪談会でお涼み下さい。

2019年7月21日(日)
17:30開場、18:00 開演
入場料2000円(前売りなし、当日券のみ、80席)
主催:京都精華大学 人文学部 堤 邦彦研究室
お問合せ・ご予約 100mono@infoseek.jp

安田登×笑福亭笑利 京都寺子屋第8回



安田登さん京都寺子屋第8回、早くも開講決定。
6月に開催して好評だった安田登さん講義、笑福亭笑利さん落語の二段構え公演、第二弾です。
今回のテーマは『笑と芸能』。
『船弁慶』を通して、切っても切れないその深い関係に迫ります。
能楽「船弁慶」とそのパロディとして生まれた上方古典落語の「船弁慶」、
失われた本当の面白さが、お二人によって蘇ります。
先月、東京隅田川の屋形船の上で上演された「船」弁慶。
京都の高瀬舟ゆかりのお寺、慈『舟』山・瑞泉寺での再演です。

京都寺子屋
7月15日(月・祝)
京都木屋町三条瑞泉寺
16時半開場 17時開講 終了予定19時半
参加費お賽銭
お申込・お問合せ info@zuisenji-temple.net

飛込みも歓迎ですが、参加お決まりの方は以下にメールをいただけると、
テキスト準備の都合上、たいへん助かります。

●安田登 最新情報はツイッターからお願いします
http://twitter.com/eutonie(安田登)
http://twilog.org/eutonie(安田の書いた分だけ読めます)

 

瑞泉寺本堂で、スウェーデンミュージシャンのライブ!


色んなご縁で繋がったアーティストに
秀次公と御一族への芸術や文化の奉納を行っている瑞泉寺ですが、
今回はスウェーデンと日本のアーティストによるポップな音楽の演奏会です。

Silent Symphony「Revolution」
https://youtu.be/gzMlNAvgqBk

この心地よい歌声が
本堂の荘厳の前でどんな響きを生み出すのか楽しみです。


●スウェーデンから「Silent Symphony」が来日!

 

今回はそのメインボーカルを務めるシャーロッタ・ニールセン(Charlotta Nilsen)と、
ドラマーでピアニストのカール・イェルム(Karl Hjelm)が、
日本人アーティストと共に、
なんとお寺で一日限りのコラボレーションコンサートを開催します。
Silent Symphonyのメランコリックなサウンドが、
歴史あるお寺の本堂という空間で、
和とどのように融合するのか?…乞うご期待!

●2019年6月23日日曜日 15:00〜20:30
●瑞泉寺本堂
チケットはこちらにて

安田登×笑福亭笑利「京都寺子屋」第7回目



安田登さんの京都寺子屋@瑞泉寺第7回は、
歴史大好きな落語家笑福亭笑利さんとタッグを組んで、
なんと『二宮尊徳』をテーマにお送りいたします。
二宮尊徳とはまた古臭い…。
いやいや、この二人が語るのだから、
聞き終わった後は
僕らの知ってるあの校庭の尊徳像が
がらりと変わっているにちがいありません。
誰も知らない二宮尊徳に会いにきてくださいね。

落語:『二宮尊徳』笑福亭笑利
レクチャー:『「中庸」と二宮尊徳』安田登
6/16日曜日 京都木屋町三条瑞泉寺
16時半開場 17時開演 終了予定19時半
参加費お賽銭
お申込・お問合せ info@zuisenji-temple.net

飛込みも歓迎ですが、参加お決まりの方は以下にメールをいただけると、
テキスト準備の都合上、たいへん助かります。

●安田登 最新情報はツイッターからお願いします
http://twitter.com/eutonie(安田登)
http://twilog.org/eutonie(安田の書いた分だけ読めます)

シーズン•ラオ新作展 氷蓮図


マカオ出身の芸術家、シーズン・ラオさんの
新作が瑞泉寺裏庭に展示されます。
瑞泉寺ではめずらしく鴨川べりからの裏門から入って、
お墓を通って裏庭に入り、お庭から作品を見ていただく趣向です。
ラオさんの作品は写真を使いながら、
水墨画のような趣があります。
静けさとそぎ落とされた美しさのある作品は
生と死、無常、無我など東洋的、仏教的な死生観を
感じさせるものです。
墓地を通って裏庭にいたり、
風にゆける「氷蓮図」を見ていただくことで、
様々なことを感じていただけたらと思います。
5月7日から10日までの4日間です。
シーズン・ラオHP

このページのトップへ