お知らせ

笑福亭利 歴史落語公演 『平賀源内』


瑞泉寺ことし最後のイベントは、
笑福亭笑利さんの歴史落語で締めくくります。

笑利さんは、特に歴史を題材にした創作落語に力を入れている人。
関西の若手ですが、落語と歴史に対して情熱がものすごくて、
彼の語る歴史落語から、次世代の古典が生まれるかも、と思わせてくれます。

笑利さん曰く、

「歴史落語は、僕がやってる活動の中でもメインに置いて最も力を入れてるものです。
『面白い』という言葉は『面(おもて)』が『白くなる』ことを意味します。
おもて、とは目の前の事、白くなるは明るくなるの意味、
つまり面白いとは、目の前が明るくなる状態のことを言います。
辞書で『面白い』を調べてみれば、
『魅力ある物事に心が明るみ、目の前がぱっとひらけて晴ればれした状態』、
『心が引かれて興味深い』、『こっけい、おかしい』、
『好ましい』など、様々な意味があります。
しかし、残念ながら、昨今芸人が生み出す笑い、バラエティの中の笑いには
『こっけい』『笑える』という要素しかない。
つまり笑えるかどうかだけが芸人を見る上での判断材料になり、
そこには教養も知識も品も求められない。
それでは少しつまらない、と僕は思う。
先ほど言ったように面白いには様々な意味がある。
笑えるかどうかなんて、本来の面白いの意味からすれば要素のひとつでしかないのに、
今はそれが全てみたいに語られてたりして。
今の漫才師も、テンポや技術で取れる笑いのレベルはかなり高いとこにまできてるけど、
残念ながらその背景に文化が見えない。
笑えるだけを追求したらそうなるに決まってる。
本当は面白いの要素の全部を詰め込んだ分厚い面白いを届けられるものを、
我々芸人は作るべきだと僕は常々考えています。
だからこの歴史落語公演においては、
笑えるだけで終わりのものは作りたくなくて 、
興味がそそられたり、
気持ちが晴れ晴れとしたり、
何か心に残り持って帰って頂けるものを提供できればと考えてやってます。」

とのこと。
瑞泉寺は歴史のお寺。
そのお座敷で、
落語好きも歴史好きも集まって、
楽しくあたたかい時間をお過ごしください。

12月21日京都三条瑞泉寺
笑福亭笑利歴史落語公演「平賀源内」
天才マルチクリエイター平賀源内を落語とトークで掘り下げる90分。
開場18時半 開演19時
料金前売2000円 当日2200円
会場 瑞泉寺 京阪三条駅から徒歩5分、木屋町通り
予約はこちら→ sft.victory@gmail.com

松葉舎の出張講座in京都



瑞泉寺でも連続講座を開いてくれている
独立研究者の森田真生さん。
今回、森田さんのご友人の物理学者の江本伸悟さんの活動を、
京都で紹介するイベントを開催します。
江本伸悟さんも独立研究者。東京で「松葉舎」という
というユニークな私塾を立ち上げ、
学問分野の垣根を超えて心(Mind)と生命(Life)についての思索と探究を続けている方です。
今回は特に、私塾のメンバーでいま研究に取り組んでいるという「民藝」の視点を切り口に、
「命」や「知」について考え、理解を深めていくために、
江本さんが塾生とともにこれまで考え、
気づいてきたことについて、まとめてお話をしていただく予定です。
組織に所属することなく、
私塾を主宰しながら研究を続けてきた江本さんの情熱と思考に触れることのできる、
またとない機会です。
秋の京都、瑞泉寺で知的な面白さを感じてもらえたらと思います。

江本伸悟 松葉舎 HP https://www.shingoemoto.com/school/

●松葉舎の出張講座in京都
11月23日 14:00~17:00
参加費 5000円
申し込みはコチラ

 

安田登「京都寺子屋」第6回目



安田登さんの「京都寺子屋」第6回開催いたします。
テーマは「女神からはじまる日本神話」。

日本の神話に登場する数々の女神さまたち。
彼女たちの本当の姿を、
安田登さんは古事記や日本書紀の記述から読み解き、
男目線の神話から解き放ちます。
その姿は例のイナンナや殷の婦好にも似ているかもしれません。
そして行き詰った感のある男性の社会に風穴をあけ
新しい時代を切り開くのは女神さまかも。
安田さんのお話は、遥かな過去を語りつつ、
どこか来るべき未来を感じさせます。
秋の京都、紅葉観光のお帰りに、
瑞泉寺で知的好奇心を養っていただけたらと思います。

●安田登 京都寺子屋

11月18日(日)15:30開場、16:00開講。
受講料:お賽銭(お賽銭箱にご自由にお入れいただきます)
飛込みも歓迎ですが、参加お決まりの方は以下にメールをいただけると、
テキスト準備の都合上、たいへん助かります。
info@zuisenji-temple.net

●安田登 最新情報はツイッターからお願いします
http://twitter.com/eutonie(安田登)
http://twilog.org/eutonie(安田の書いた分だけ読めます)

★同日午前中、西本願寺さんでも安田登さんの講演がありますよ。
西本願寺さん日曜講演(10:30〜11:45 予約不要・参加無料)

ロビンさんの中秋の名月カリンバライブ



『ロビンさんの中秋の名月カリンバライブ』のお知らせ

2018年9月24日(祝)
open 17:30 start 18:00 参加料2000円
民族楽器演奏者で音楽療法士のロビンロイドさんによる音楽会です。
カリンバなどの珍しく楽しい民族楽器の演奏を聴きながら
御本尊の阿弥陀如来さまといっしょに
中秋の名月の夜を瑞泉寺本堂でゆっくり過ごしませんか。
住職のお経とのセッションもありますよ。

当日はロビンさんのCDとともに、
ロビンさんの詩に住職が絵をつけた詩絵本
『Happy Birthday Mr.B!』と
『一年に一度のアイスクリーム』の販売もします。
一般書店では販売してないレアな絵本なので
この機会にぜひごらんください。

ロビンロイドさんは、瑞泉寺ではおなじみの
アメリカ出身のミュージシャンです。
瑞泉寺では月に一回の朝の瞑想会「朝ユガ」
4月にはお釈迦さまの誕生会「花まつり」を
いっしょにしてくれています。

予約・お問い合わせは瑞泉寺住職まで。
090-9216-1205
info@zuisenji-temple.net

ウタタラ




瑞泉寺所蔵の「当麻曼陀羅」を針金で写生し続けているアーティスト升田学さん。
昨年中間発表として『写仏』を開催し、新聞その他で話題となりましたが、
その升田さんと仲間達が開催する、五感を刺激するユニークなイベントが
瑞泉寺にやってきます。

ウタタラ

トゥバ音楽演奏家で生物学者でもある等々力政彦と、針金造形画家でダンサーでもある升田学の2人による実験の場。「ウタタラ」と銘打って、様々なアプローチで対話し、表現し、参加者をうたた(転)未開の地へ誘う。それは対立と共生の所作と振る舞い。聴くことは聴かれることに転じ、観られることは観ることに転ず。
第ニ回の今回は、トゥバ音楽や針金造形ライブを軸に、植物学の話やオノマトペを活用したダンスなど、有機的に織り交ぜます。お茶とお菓子をご用意してお待ちしております。

日時:2018年7月8日(日)13時開場 14時開演(約2時間を予定)
会場 :慈舟山 瑞泉寺 (じしゅうざん ズイセンジ)
京都市中京区木屋町通り三条下ル石屋町114-1
料金:2,800円 (おやつ付、ドリンク別)
※料理の準備の都合上3日前までにご予約お願いします。
ご予約/問合せ:info@kaya.asia

出演:等々力政彦、升田学
料理:tomomi
お手伝い:西浦恒

プロフィール

等々力 政彦(とどりき まさひこ)
トゥバ音楽演奏家。20年以上にわたり南シベリアで喉歌(フーメイ)などのトゥバ民族の伝統音楽を現地調査しながら、演奏活動をおこなっている。あがた森魚、朝崎郁恵、安里勇、中孝介、安東ウメ子、井上鑑、EPO、太田惠資、OKI、押尾コータロー、かとうかなこ、古謝美佐子、鼓童、大工哲弘、常味裕司、TeN(A Hundred Birds)、一十三十一、山本潤子、吉川忠英、吉見征樹、Huun-Huur-Tu、Sun Ra Archestra、Yat-Khaなど内外のミュージシャンと共演、およびアルバム参加。嵯峨治彦(モンゴル音楽)とのユニット「タルバガン」、奥野義典・瀬尾高志・竹村一哲とのユニット「グロットグラフィー」、ササマユウコ・真砂秀朗とのユニット「生きものの音」でも活動中。

升田 学 (ますだ まなぶ)
2006年に一本の針金を一筆書きの要領で描く造形作品「ヒトスジ」を発表。以後、「写仏」(瑞泉寺/京都/2017)「絵空事」(伊丹市立工芸センター/2016)、「生きるモノの態度」(Gallery t/東京/2015)、など展覧会を多数開催。「写仏」はライフワークとして現在も創作中。
一方で役者・美術班として維新派に在籍(1997~2008)。退団後は、やなぎみわ「1924人間機械」(2012)に出演するなど、ダンサー・パフォーマーとして活動。2014年よりセレノグラフィカとの共同プロジェクト「夜のことば」をスタートし、現在まで3作品を発表。

このページのトップへ