お知らせ

ウタタラ




瑞泉寺所蔵の「当麻曼陀羅」を針金で写生し続けているアーティスト升田学さん。
昨年中間発表として『写仏』を開催し、新聞その他で話題となりましたが、
その升田さんと仲間達が開催する、五感を刺激するユニークなイベントが
瑞泉寺にやってきます。

ウタタラ

トゥバ音楽演奏家で生物学者でもある等々力政彦と、針金造形画家でダンサーでもある升田学の2人による実験の場。「ウタタラ」と銘打って、様々なアプローチで対話し、表現し、参加者をうたた(転)未開の地へ誘う。それは対立と共生の所作と振る舞い。聴くことは聴かれることに転じ、観られることは観ることに転ず。
第ニ回の今回は、トゥバ音楽や針金造形ライブを軸に、植物学の話やオノマトペを活用したダンスなど、有機的に織り交ぜます。お茶とお菓子をご用意してお待ちしております。

日時:2018年7月8日(日)13時開場 14時開演(約2時間を予定)
会場 :慈舟山 瑞泉寺 (じしゅうざん ズイセンジ)
京都市中京区木屋町通り三条下ル石屋町114-1
料金:2,800円 (おやつ付、ドリンク別)
※料理の準備の都合上3日前までにご予約お願いします。
ご予約/問合せ:info@kaya.asia

出演:等々力政彦、升田学
料理:tomomi
お手伝い:西浦恒

プロフィール

等々力 政彦(とどりき まさひこ)
トゥバ音楽演奏家。20年以上にわたり南シベリアで喉歌(フーメイ)などのトゥバ民族の伝統音楽を現地調査しながら、演奏活動をおこなっている。あがた森魚、朝崎郁恵、安里勇、中孝介、安東ウメ子、井上鑑、EPO、太田惠資、OKI、押尾コータロー、かとうかなこ、古謝美佐子、鼓童、大工哲弘、常味裕司、TeN(A Hundred Birds)、一十三十一、山本潤子、吉川忠英、吉見征樹、Huun-Huur-Tu、Sun Ra Archestra、Yat-Khaなど内外のミュージシャンと共演、およびアルバム参加。嵯峨治彦(モンゴル音楽)とのユニット「タルバガン」、奥野義典・瀬尾高志・竹村一哲とのユニット「グロットグラフィー」、ササマユウコ・真砂秀朗とのユニット「生きものの音」でも活動中。

升田 学 (ますだ まなぶ)
2006年に一本の針金を一筆書きの要領で描く造形作品「ヒトスジ」を発表。以後、「写仏」(瑞泉寺/京都/2017)「絵空事」(伊丹市立工芸センター/2016)、「生きるモノの態度」(Gallery t/東京/2015)、など展覧会を多数開催。「写仏」はライフワークとして現在も創作中。
一方で役者・美術班として維新派に在籍(1997~2008)。退団後は、やなぎみわ「1924人間機械」(2012)に出演するなど、ダンサー・パフォーマーとして活動。2014年よりセレノグラフィカとの共同プロジェクト「夜のことば」をスタートし、現在まで3作品を発表。

安田登「京都寺子屋」第5回目



熊本の阿弥陀寺さんで行われている
安田登さんと精神科医の大島淑夫先生による
「精神科医と読む『般若心経』」が瑞泉寺にやってきます。
般若心経を、漢訳、サンスクリット語、チベット語訳で読み、
そして大島さんによる解説がなされます。


般若心経は浄土宗西山派でも「開眼式」などのときに日常的に読むお経で、
その中には大乗仏教のいちばん大切な事が語られているといいます。
私たちが通常読んでいるのは「漢訳」。
「ギャーテーギャーテー」と呪文のように読み上げていますが、
元は当然「サンスクリット語」で、
それが中国で訳され日本の僕たちもそれをそのまま読誦しています。
近年日本語でも「意訳」のような形で訳されたものも増えてきましたが、
訳にはそれぞれの地域、訳者の「解釈」が入ることになります。
「漢訳」「サンスクリット語」「チベット語訳」で読み較べる事で
般若心経の本来の姿が浮き彫りになって、
さらに大島先生と安田さんの「解釈」が入ることで
現代的な般若心経と出会えるに違いない、
斬新なこころみです。
関西のみなさま、ぜひご参加を。

安田登 京都寺子屋

6月9日(土)18:30開場、19:00開講。
受講料:お賽銭(お賽銭箱にご自由にお入れいただきます)
飛込みも歓迎ですが、参加お決まりの方は以下にメールをいただけると、
テキスト準備の都合上、たいへん助かります。
info@zuisenji-temple.net

●安田登 最新情報はツイッターからお願いします
http://twitter.com/eutonie(安田登)
http://twilog.org/eutonie(安田の書いた分だけ読めます)

4月8日、瑞泉寺の花まつり!



今年の瑞泉寺花まつりは、
いつもの音楽法要やおやつや甘茶での
お釈迦様お誕生日会に加えて、
いろいろなクリエイターのひとたちの
手作り縁日を開催します。
ひやかし大歓迎ですので、
おしゃかさまに甘茶をたむけるついでに
ぜひのぞいて見てくださいね。
4月8日、午後1時〜4時くらいまで。

★クリエイター縁日
○アロマオイルのルームスプレー(草木香) オリジナルの香グッズ。 ワークショップあります。
○押し花絵のハガキ作り(くわもとてるみ)ワークショップ2時~
○マナティさんのピータンとラフレシア
○トールペイントのマトリョーシカ(riru)販売
などなど。

瑞泉寺梅の花情報



門を入って正面の紅梅。
名誉住職が丹精こめている瑞泉寺の名物ともいえる梅ですが、
例年はお彼岸の頃(3/22前後)に満開となるのですが、
今年はちょっと早い感じ。
もう蕾が膨らんで、
今週にはもしかしたら見頃になるかもしれません。
3/12~18日くらいでしょうか。
よろしければ、おたちよりください。

4月12日(木)玉川奈々福独演会@京都瑞泉寺


安田登先生方からのご縁をいただいて、
瑞泉寺にて玉川奈々福さんの浪曲会を開催できることになりました。
浪曲って、関西の人、特に若い方にはなじみがないかもしれませんが、
奈々福さんの出現で、いまとっても注目されている語り芸なのです。
浪曲をまだ聞いたことがない方にも、
そして昔聞いたことがある方にも、
きっと新しい楽しさの発見があると思います。
春爛漫の木屋町瑞泉寺で奈々福さんの浪曲をお楽しみください。

浪曲!
奈々福姐さん京都の陣―玉川奈々福独演会@瑞泉寺―

●2018年4月12日(木)
●19時開演(18時半開場)、20時半終演予定
●出演 玉川奈々福 沢村さくら(曲師)
●演目「金魚夢幻(きんぎょゆめまぼろし)」と古典1席(おたのしみ)
●入場料 2000円
※お支払いは当日現金でお願いいたします。
お席は基本到着順とさせていただきます。
当日早くから行列ができるようでしたら整理番号をお配りしようと思っています。

お申し込みとお問合せ
info@zuisenji-temple.net 瑞泉寺

浪曲って浪花節? あのお涙頂戴の? と思ったら大間違い。
大笑いしてときどきほろっと、小憎らしいまでに爽快な語り芸をご堪能あれ。
なんたって金魚と人との恋物語って、ふざけた話じゃありませんか。
そのふざけた話が、なんだか本当にありそうに聞こえてくるからこれまた不思議。
三味線の音色がまた、お伽の国への道案内みたいににキラキラと響くんです。
そしてこの演目、なんと奈々福さんのオリジナル。
ほかでは聞けない、奈々福さんだけの浪曲。
浪曲ファンも、初めてのお客さんも、みなさんにお楽しみいただけるはず。
ふだんは東京を中心にご活躍の奈々福さんを京都にお迎えしての出張独演会、
このチャンスをどうぞお見逃しなく!

⭐︎みどころ番外編
演台にかける大きな布(テーブル掛けといいます)に素敵な金魚が泳いでいます。
この金魚、なんと金魚絵師の深堀隆介さんによるもの。
しかも手描きなんですよ! ぜひ間近でご覧ください。

玉川奈々福

プロフィール
浪曲師・曲師(浪曲三味線弾き)。神奈川県横浜市出身。
1994年、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。翌年、二代目玉川福太郎に入門。
曲師修業をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。
2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。
2006年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。
さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、
自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。
かに座のO型。賞罰、なし。
奈々福公式ブログ ななふく日記
奈々福onついった

沢村さくら(曲師)

沢村さくら
曲師。山形県出身。大学在学中より浪曲に興味を持ち公演に通う。
2000年3月に沢村豊子に弟子入り、同年11月浅草木馬亭にて初舞台。
東京で活動していたが2005年に大阪へ住まいを移し、
2006年11月に「一心寺門前浪曲寄席」にて大阪での初舞台、以後大阪にて活動。
関東関西の節を弾きこなし、ベテランから若手まで多くの浪曲師の曲師を務める。
一方で、曲師にスポットライトを当てた企画や、「あべの浪曲フェス」など、
色々な角度から浪曲公演を主催。
2017年には、小林正明写真展「日日是浪曲-曲師さくらの世界」が
東京・大阪・名古屋の3都市で開催された。

 

 

このページのトップへ